コーヒーとデカフェをどっちも

コーヒーとデカフェをどっちも

main-img

コーヒーには健康効果、活性効果があると同時に過剰摂取することから体調不良の原因になることもあります。



コーヒーポリフェノールが美容、健康に良いと言われたり、昔は風邪薬として飲んだとか、長生きの秘訣と言う人もいます。人によっては「目覚めのコーヒー」が欠かせなかったり、「休憩のたびに1日何倍も飲む」人も。それぞれ自分に合った方法、量で摂取することが望ましいのでしょうが、飲みすぎて体調不良を起こすこともあり、気を付けたいところです。

コーヒーにはカフェインが含まれますが、過剰摂取すると頭痛や吐き気の原因になるとも言われています。


適時に適量が飲めると良いのですが、コーヒーが好きな方の場合、どうしても多めに飲みすぎてしまうことがあります。
デカフェはまだ一般的には耳なれない言葉ですが、カフェインが入っていないコーヒーのことです。豆、インスタントからボトルコーヒーまで、様々なスタイルの商品が市販されています。

毎日新聞に今、注目が集まっています。

もしコーヒーが飲みたいけど、カフェインの過剰摂取が心配だと言う場合は、お好みのコーヒーの他にもう一つ、こちらのデカフェを用意しておくと良いでしょう。


午前中から食後まではいつものコーヒーを。


午後はデカフェで休憩して、といった方法で、どちらも楽しむのがおすすめのコーヒーライフです。



カフェインの全てが良くないとは考えなくても良い、と言う方にとっては、デカフェを取り入れることによって両方楽しむことができます。

食事の話

subpage1

昨今、デカフェと言う種類のコーヒーが流行りつつあります。そもそもデカフェとは、通常はコーヒーに含まれているカフェインを90%以上除去したコーヒーの事です。...

more

意外な真実

subpage2

コーヒーは、仕事に集中したり、リラックスタイムなどに欠かせない飲み物といえます。そんなコーヒーの中で昨今、デカフェという種類が人気を集めつつあります。...

more

人に言いたい食事

subpage3

デカフェとは、英語でdecaffeinatedとなり、その略称です。カフェインレス、ノンカフェインとも言われていて、呼ばれ方から分かるように本来はカフェインを含んでいる飲食物から人工的にカフェインを除いたものを言います。...

more

基本知識

subpage4

カフェインレスコーヒーはカフェインが含まれていないコーヒーです。デカフェとも呼ばれています。...

more